読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

プラバンアクセサリー/穴あけ問題:3つの方法を考えてみた。

作り方(プラバンアクセサリー)

プラバンアクセサリーを作っていると、

「穴あけどうやったらうまくいくのかな?」と一度は考えると思います。

これまでにも、友人・知人からも何度か質問を受けました。

また、このサイトにも「プラバン 穴あけ」で訪れる人が結構いらっしゃいます。

私の穴あけ方法もご紹介しつつ、4タイプを考えてみたいと思います!

f:id:suisuisuizoo:20160820004037j:plain

穴あけの3つの壁

プラバンアクセサリーでは、金具やビーズをつける時に、
プラバンに穴が必要になります。

やってみると意外とうまくいかないことがあります。

狙ったところにあけるのが難しい

穴の大きさが難しい

・アクセサリーに適切な穴の大きさがわからない。

 

こんなお悩みを解決するために、穴あけの方法やコツを紹介していきます。

焼く前か後か?

プラバンを焼く前にあける方法と焼いた後にあける方法があります。
焼く前はパンチや彫刻刀を使います。

焼いた後だと、ピンバイスという道具を使います。

私は、焼く前にパンチや彫刻刀を使います。
個人的には焼く前がおすすめです!

 

穴あけパンチ

家に置いてある普通の穴あけパンチを使います。
家にあるやつって2つ穴のパンチだと思うんですが、
プラバンアクセサリー作りには少々都合が悪くないですか?
端っこすぎたり、穴が大きすぎたり。。。
プラバンアクセサリーは小さいモチーフになるとよくありますよね。

 

2つ穴パンチはコツを掴めば、狙った場所にあけられるのですが、
せっかく頑張って作ったプラバンが穴あけをするところで台無しになってしまうのを少しでも防ぐには、1穴パンチがおすすめです。

こんなやつ。

これだともっと狙いやすい。 

 デメリット

 手軽な穴あけパンチも、デメリットがひとつあります。
穴の大きさが調節できないということです。

もともと事務用品なので、しょうがないのですが、
小さなモチーフだと、もう少し穴が小さければいいのになあと思うことがありました。

 

彫刻刀

一番おすすめ!です。

小学校のときに使っていた3mmの小さめの丸刀でくるっとやってます。

パンチでは難しかった穴の調節もできるし、
パンチより狙った位置に穴をあけやすいんです。
難しそうに思えるかもしれませんが、思ったより簡単です。

→詳しい記事はこちら↓からどうぞ。

丸刀の活躍が半端ない。 - suisuisuizoo

デメリット

・慣れるのに、少し時間が必要

と言っても、何度か穴を開けて実際に焼いてみれば感覚がつかめると思います。

 

ちょっとあぶないかも?

子供さんだと、彫刻刀の扱いが難しいかもしれませんが、
プラバンアクセサリーを作ろうとする大人の方は
細かい作業が好き、得意という人が多そうなので問題ないんじゃないかな〜と思います。

 

おすすめの彫刻刀

3mmのやつがぴったりです。

おすすめと言っても、私は小学校の彫刻刀を使っているので実際に使ったわけじゃないですが、握りやすそうだし刃のサイズがぴったり

わたしは家にあったピンバイスで一回やろうとしてなんかうまくいかなくて断念

聞いたところによると、結構疲れるみたいです。

 

デメリット

重労働!

焼き上がって、固くなってから穴を開けるので、
とっても硬くって重労働らしいです。
やろうとして、じんわり汗をかき、なかなかあきそうにない穴を目の当たりにして、さっさと諦めました。

これはおすすめしませんよ!

 

 メリット

ただし、焼いてから穴あけをすると、失敗作品に穴をあける手間が省けるのはいいですね。(でも私は嫌だ。)

まとめ