読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

プラバンを焼く時のおすすめ4つ道具

作り方(プラバンアクセサリー) 作り方(焼く)

プラバンを焼く時のおすすめの4つの道具を紹介します。

おすすめというか、基本というか。

 

▼おすすめ4つ道具▼

アルミホイル

→家庭によく常備してある普通のアルミホイルです。

くしゃくしゃにシワをつけて、プラバンをオーブントースターで焼く時に使います。

クッキングシート

→こちらも家庭によく常備している普通の調理用クッキングシートです。

分厚い本のページに張り付けて、プラバンを挟んで冷やすために使います。

分厚い本

→分厚い本です。家庭に眠る参考書や教科書の束でも、タウンページでも

なんでも可です。

本を開いたところの両面に、クッキングシートを張り付けて、

プラバンを挟むために使います。

木綿の手袋 

→加熱作業中は常にはめて作業をします。やけどしにくく、落ち着いて作業できるのでおすすめです。

他にも着色をしたり、はさみで切るときも手の指紋がプラバンにつかないので、きれいに仕上がりやすくなります。

100均ショップや薬局に売っています。軍手は網目が粗いのでプラバンに跡がつきやすいので、木綿の手袋がおすすめです。

 

加熱する時のコツはこちらの2つの記事からどうぞ♪

失敗の少ないプラバンの焼き方のコツ

プラバンの挟む時間はどれくらい?