読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

プラバンを焼く時は160℃がいいかもしれない!

日常 作り方(プラバンアクセサリー) 作り方(焼く)

今日は寒かった。もう3月というのにこれいかに。

こんな日はさっさと風呂に入って熱茶をすするにかぎる。

お風呂を沸かす間に、昨日の夜に切っておいたプラバンを焼きました。

丸いモチーフとつぼみモチーフ。

アクセサリーに仕立ててまた近いうちにアップします。

つぼみモチーフのプラバンアクセサリー

 

コピックで塗ったものは時間を置いてから焼いたほうが

コピック面がつるんとしてる気がする。

それともこれは160℃で焼いたせいか。

 

母がプラバンはダイオキシン出てるんじゃないのって心配するので

調べたら、どうやらダイオキシンは300℃ぐらいから出るらしく、

プラバンは熱収縮という作用で縮むらしく、

それは低温なのでダイオキシンは出ないのだという。

それでうちのオーブントースターの初期設定(最高設定)240℃というのも300℃に近いから心配だなと思って、試しに160℃設定でやってみたら、

表面がいつもよりつるんぷりんとかわいらしくしている気がしました。

どうなのでしょう。

オーブントースターは温度調節機能付きがおすすめです。

KOIZUMI【温度調節機能付 1000Wハイパワー 食パン2枚焼き】オーブントースター シルバー KOS-1013/S KOS-1013/S

 

また試してみたいと思います。

明日から2日間も休み!やったー!プラバン天国じゃ〜!