読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

わたしがプラバンアクセサリーを作りはじめた理由

わたしの週末は不定期でして、

火曜日は確実にお休みで、あとはローテーションで、

土日が休みだったり、今週みたいに月曜が休みだったり。

プラバンアクセサリーに出会ってからというもの、

休みの日の自由時間の9割はプラバンを触っています。

今週も例に漏れず、(むしろいつもの週末よりも)プラバンにまつわる色々をやっていました。

こんだけやっても楽しいのだから、本物だと信じています。

何が本物かというと、楽しく豊かに人生を送る「何か」です。

 

 

幼い頃から占いが身近で、母が占いをかじっていました。

家に占いの分厚い本が何冊もあったり、

当たると評判の先生に又聞きで観てもらったりしていました。

占いによってブレはあるものの共通していることがありました。

趣味と実益を兼ねたことをすること、組織に属さないで独立して何かをすることが

成功する(=楽しく豊かに人生を送る)秘訣だということです。

あとは、晩年運だということなど。

ということで、去年の4月頃から趣味と実益を兼ねていて、今からひとりでできる何かを探していたのです。

 

それまでは、いろいろあって大学を卒業してから出会う仕事が

うまく馴染めなくて、2013年の春に実家に帰ってきました。

大学を卒業してからの2年間は、仕事ってこんなにつらいものなんだ、

なんでもこんなに我慢しなきゃいけないのか、

自分を捨ててほど目の前のことをやりたいことなのかなどを悩みに悩んだのです。

体調を崩したこともあり、一度リセットしてみることにしました。

そして、実家でのんびり過ごすなかで、

どうせやるなら、そして長く続けるなら、

きちんと好きなことをしよう、好きなことを前提として

そこからどうやったらお金を得られるか考えようと思っていました。

 

でも、やっぱり難しくって、現実とお金と将来と仕事と安定と不安定と自分と

その他日常に絡まるいろんなことが絡まりにからまって、よくわからない。

焦燥感でぐるぐるするなか、ひとつひとつ心の整理をしていた時に、

出会ったのがプラバンアクセサリーだったのです。

それまでアクセサリーを身につけることに抵抗があったのに、

ネットで偶然見つけた海外の人が作ったプラバンアクセサリーは、

これまでのアクセサリーとはどこか違って見えました。

中性的な感じで、アクセサリーを見て初めて他にどんなのがあるんだろうと

興味を持つことができ、すぐに作ってみたくなりました。

 

小さい頃から折り紙や工作など作ることが好きだったし、

何か作っている時に時間を感じなくなる瞬間がとても心地よくて、

それを体験できるのかなあとそんなことも頭によぎりました。

 

それでもやるとなるといろいろ準備にお金がかかるので、

明日も興味があったら考えよう考えようと、考えに考えた約1か月間。

 

それでも冷めやらぬプラバン熱にえいやと始めてみました。

それが確か2013年の9月とか10月だったから、約半年。

未だに本当に楽しくって、ただただ楽しいという思いが常にあります。

そして、見よう見まねでminneとiichiに出品してから、

ぼちぼちと買ってくれる人にも出会うようになりました。

まだ収入といえるほどではないけど、ほんのすこし理想の状態に近づきつつあるのかもしれないと思っています。

また最近では友人のなかにも買いたいと言ってくれる人も出てきてくれて、

恐縮ながらも嬉しいです。

でも、作るのが楽しいから、誰かに喜んでもらうことは副次的なことです。

だから趣味として、好きなこととして成り立っていて、これからも成り立ち続けるのだと思います。自分が作るのが楽しいことを大事にしていきたいと思います。

ハンドメイドが工業製品と違うところのひとつとして、作る人の顔や個性、日常が見えることがあげられます。

私がハンドメイドのものを買うならば、作り手は混じりけなく作ることに幸せであってほしい、生活やお金など制作環境をとりまく色々が作るものを必要以上に制限せずに、作り手の個性と作ることの楽しみの土台がしっかりしててほしいと思います。

 

作るのが好きで楽しいのに、さらにそれを誰かと共有できることはさらに楽しい。

振り返ると、わたしの楽しい時間が誰かのプラスになる楽しく豊かに人生を送る方法はこれがきっかけなのかもしれないなあと思います。

いつ熱が覚めるのか、はたまたしばらくこのままなのか分からないけど、

今この瞬間を大事にできることに出会えて本当に一瞬一瞬が充実しています。

何に感謝したらいいのか分からないけど、全てのものにありがとうという気持ちになります、最近。

 

そんなことを経てわたしは今プラバンアクセサリーを作るようになりました。

 

もっと週末の雑感をもう少し軽く記事にしようと思っただけなのに、

なんだかボリューム感のあるポストになってしまった。

プラバンアクセサリーを作っていても、最初に思い描いていたことと

全然違うけど、まあこれはこれで有りかということはままあります。

人生はこういうものなんでしょうか。