読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

アクセサリーパーツを買うお店

今日はわたしが普段アクセサリーパーツを買うお店をまとめてみます。

 

プラバンアクセサリーを作り始めて約半年になりますが、

主に3つのお店でパーツを調達しています。

・手芸屋さん(その中でも手芸マキ)

・ビーズクラフト専門店(その中でもParts Club)

東急ハンズ(画材とパーツが1つのところで購入できて便利)

 

<特徴>

・手芸屋さん

私は大抵手芸マキに行きます。

手芸屋さんの中でも比較的大きめなところはビーズクラフトコーナーがあり、まさに手芸マキはそんなところです。ビル全体が手芸店で、フロアによってジャンルが分かれています。

眺めているだけで心躍りますね~

 

手芸店では、布に縫い付けたりするために少量でもビーズは置いてあるところがほとんどで、その延長でピアスやイヤリングネックレスなどのアクセサリーパーツが置いてあるようです。

 

お店によって本当に品ぞろえはいろいろで、

たくさんあるところもあれば、少ないけれど定番が揃っていたり、ちょっと変わった感じのおもしろくて素敵なパーツが置いてあるところもありました。

デパートの手芸店は面白くって、あんまり見ない1粒500円とかするようなビーズもおいてありました。500円でも買おうかと30分ぐらい迷いました。

 

手芸屋さんが面白いのは、手芸屋さんの看板を掲げていても店主の趣向か、

ビーズクラフトが得意なお店があって、自分に相性のよいパーツが安く手に入ることがあるんです。

自分にあった手芸店を探す、手芸屋めぐりもおもしろいです。

 

・ビーズクラフト専門店(Parts Club)

わたしはたまたまアクセスしやすいのがParts Clubなので、月1ぐらいで行っています。

首都圏ではやっぱり貴和製作所は有名所なのでしょうか。

 

ビーズクラフト、アクセサリーを専門にしているので、パーツもビーズもたくさんあります。

そしてやはり安い!

パーツは本当に安い。

でも、ビーズの品ぞろえはお店によって特徴があるようです。スワロフスキーが得意なところ、チェコビーズが得意なところ、天然石ビーズが得意なところ、コットンパールの種類が多いところなどなど。

ビーズクラフト専門店は、パーツが安いので行くのですけど

ビーズは手芸屋さんのほうが品ぞろえが好みなので、どちらも通っています。自転車に乗って結構いい運動です。

 

東急ハンズ

画材とパーツが1つのところで購入できて便利です。

特に絵の具、プラバン、パーツを一緒にそろえられるのは東急ハンズ

ハンズも店舗によってプラバンアクセサリーのコーナーを作っているところは揃いますし、コーナーがなくてもフロア違いで全部そろえることができることができる可能性が高いと思います。

 

手芸店やビーズクラフト専門店で

プラバンと絵の具とパーツ類が一緒に揃う確率はハンズに比べると低いと思います。

なので、いっちょプラバンアクセサリー作ってみるかという方はハンズがおすすめです。

 

ネット通販はどうなのか。

ここまで読んでいただき、ネット通販はどうなんだと思った方もいると思うのですが、ネット通販はわたしはまだ使ってません。

理由としては、主に2つあります。

・実物を見て買いたい。

・少量でいろんな種類のものが欲しい。

 

ネット通販は基本的に送料がかかります。

送料無料というのもありますが、大抵は大量注文が基本

ピアスパーツ同じ種類をウン十個とか。

そこそこの少量で安くて送料無料というのがありますが、

送料を払ったら逆に高くつきそうだったので、最初のころに断念しました。

 

始めたばかりというのは、試行錯誤はつきもので、

趣味となると作りたいものは大抵1つ、

友達に頼まれても1つや2つなはず。

だからパーツもいろんな種類や色があるので、

好みやアイデアに合わせてちょっとずつ買うのが

今の私には合っているのです。

教室とかされている人とか、ひとつのアクセサリーが結構売れているなんて人や、ある程度使うパーツを決めて効率的にアクセサリー作りを行っているような方はネット通販もいいのかもしれません。

またネット通販でパーツを調達するようなことになったら報告しますね。

(追記)→ハンドメイドパーツのオンラインショップを使ってみた!

 

安さ単純比較(目安)

あくまで目安なのですが、私の感じる価格の安さ(パーツに限る)はこんなかんじ。

 

安い

 ビーズクラフト専門店

 手芸店

 東急ハンズ

高い

 

お店によって差があるので、あくまで目安として心の隅においてください。

自分に合ったお店やパーツを見つけるというのもプラバンアクセサリー作りの楽しいところですね~。