読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

源氏物語のディレンマ

ちょっと前に、あさきゆめみしという漫画を読んだ。

最初は古語の独特の言い回しに、煩わしさを感じつつも、

徐々に惹き込まれていき、ついには移動中に紫の上の事を考えたり、

光の君に対しても憎しみを抱きながらも、その美しさ故に完全に憎しみ切れない

ジレンマに苛まれる。

 

光源氏さんは持っているものには、似つかわしくない不遇の生涯だったように

書いてあるけれど、創作なのに、因果に忠実でそれも自然な形で流れていく。

そうして最後に、人間やっぱり人のために生きなければいけないのだなと思わせるあたりが、1000年も読み継がれる所以なんでしょうか。

 

高校生の時におぼろげながら学習した色々がお話しとして出てきたのも、

なつかしかったりして、古典をそれなりに勉強しといてよかったなと感慨にふけったのでありました。