読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

それは暗いくらい藍色だ

なんだろう。

なんなんだろう。

 

わたしに傲慢だと言い放った対象があった。

それに対して、それこそまさに傲慢だと思ったんだ。

 

しかし、傲慢とわたしに言い放った対象に対して

心から、ほとんど反射的に感じるわたしだって、

同じように傲慢なんだろうと思う。

 

誰が悪いの?

誰が悪いとかじゃないよ。

誰も悪くないけど、みんな悪い。

悪いからって直せって思わない。

自分が嫌だなと思ったら直せばいいから。それだけだから。

 

だから、人に傲慢だと言われて、

反発してしまうというわたしはやっぱり傲慢だと思う。

よくないと思う。

 

これから、少し気持ちに余裕のある時、

仕事の合間にコーヒーを飲んだ時に、

そのことを思い出そうと思う。

 

それだけしか、わたしはできない。