読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

人のためを思ってする仕事

風邪ひいた。のどが痛い。

頭がぼーっとする。

幸か不幸か、今、わたしには従事しなければならぬ仕事がないので、

好きなだけ眠れる。

何が困るって頭がぼーっとすること。

あとは喉がいたいし、声も出しにくいから、歌えないということ。

下手でも歌えば楽しくなるもんで。

それがないのは、地味に、しかし確実にストレスなんである。

 

いつもより、気が散る回数も多くて、

時間だけが前に進んでいって、

進んでいく文明に置いていかれるような、そんな感覚で。

 

本を開くと、あぁこれこれという感じがする。

嬉しい時も、悲しい時も、常にそばにあった読書という習慣に安心する瞬間。

安心すると同時に、いまこの瞬間に、読書よりも楽しいことがないことに

ほんの少しがっかりする。贅沢な悩みである。

 

さあ、次のお仕事どうしましょう、探す手間は一銭も身にならないなあと思っていたら、

この前のお仕事先で出会った方に、これまた期間限定ではあるけども、

お仕事を紹介してもらった。なんてありがたいのだろう。

お仕事する時に、お金のためとかじゃなくて、

自分のためとかでなくて、目に見える人のために、

誰か自分以外の他人のために、仕事を手段にその人に尽くすことは幸せなことだと思う。